WoobyStudioの本業(笑)は電子工作です。プロが使う計測器や、半田付けの工具が各種取り揃えてあります。今日は、昨年の夏休みに開催したワークショップ、「別荘ジオラマを作ろう!」で使用した、「LED自動点灯回路」をご紹介します。

IMG_0755

これは、周囲が暗くなると小さなLEdが点灯するというものです。電子回路に詳しい方でしたら、そういっただけで想像はつくと思いますが、CDSを使用しています。CDSという部品は、周囲の明るさによって、その抵抗値が変化します。おうちの門灯等も、暗くなると自動的に点灯すると思いますが、同様の部品を使用しています。

Cir

回路図はこれだけです。CDSによって、周囲あの明るさによって変化した抵抗値を、二つのトランジスタで増幅しています。これは、一つのトランジスタでも良いのですが、二つ使うことによって、増幅度を稼いでいます(感度が良くなります)。

WoobyStudioではこれをキットにしたものを用意してあります。

All

回路はプリント基板に部品を差し込み、ハンダ付するだけで完成です。作業時間は30分から1時間程度でしょうか。この基板は、4個のLEDを自動点灯させることができます。WoobyStudioには、各色のLEDも用意してあります(会員様自由使用部品)ので、お好きな色のLEDを点灯させてみましょう。まら。回路図のR2,R3,R4,R5の値を変えることによって、LEDの明るさも変化します。これらの抵抗もWoobyStudio自由使用部品として各種揃っています。

WoobyStudioでお待ちしております!