IMG_1758

って、なんのこと?ですが、ギターの「弦」の話しです。ギターの弦(糸)は通常、6本セットで販売されていて、で、その固さ(太さ)が何種類かあります。細く、柔らかいのが「エクストラ・ライトゲージ」、普通つかわれるのが、「ライトゲージ」。少し太めのが「ミディアムゲージ」。一番太く、固いのは「ヘビーゲージ」と言われますが、これは今は、あまり楽器店でも見かけません。

 

「エクストラ・ライトゲージ」は、エレキギターや、「エレアコ」と呼ばれる、ピックアップで電気的に音を拾うマイクが仕込まれたギターなどに使用されています。日本のミュージシャンの方で、この、「エクストラ・ライトゲージ」を使われている方は多いようです。「シャリシャリ」した感じの、繊細な音が出せます。楽器店で、展示されている、「普通」のアコースティックギターには、通常「ライトゲージ」が貼ってあります。一般的な太さであり、演奏も比較的楽で、入門用としても最適です。

 

で、私はいつも、「ミディアムゲージ」を使用しています。ちょっと太目の弦で、ブルーグラス系や、フラットピッキング系の演奏をされる方が使用することが多いようです。固い、「べっ甲」のピックで演奏すると、メリハリのある、しっかりした音が出せます。低音弦は太いので、しっかり押さえないとビビッてしまいますが、この音がクリアに出せれば、音量もあり、気分爽快なのです(?)。ミュージシャンで言うと、たぶん、さだまさしさんが、ミディアムゲージの弦じゃないかなといつも思っています。彼は、ライブでも、マイクから音を拾っていますが、非常にしっかりとした、クリアな演奏をされています。もともと、「バイオリニスト」なので、太い弦を抑える、指圧も十分なのでしょう。

 

おっと、WoobyStudioブログでした。ギター弦の話を無理やり、結び付けようとしましたが、なにも思い浮かびません・・・。あ、そうだ。WoobyStudioのレーザー加工機や、3Dプリンタを使って、なにか、楽器を作ってみようかな。弦楽器がいいな。木材を、レーザーで加工して共鳴箱にして、そこに弦を貼って・・・。強度はどうやって出そうか・・・。指版はどうやって加工しようか・・・。ブリッジは3Dプリンタで作って・・・。などと、妄想が始まってしまいます。

 

これは、お正月のお楽しみにして、そろそろ、業務に戻らねば。今日は、電源回路の実験と回路設計、基板設計しなくちゃ。