(前回→http://woobystudio.com/woobystudio/kg121/

さて、うやちゃんのデータを取り込みだ結果はこんな感じになりました。

 

XYZ

da vinci1.0用のソフトウェアに読み込んだもの。
うんうん、かなり忠実に再現されていますね!

cube

こちらはCube用のソフトウェアでサポートまでつけたもの。
これらのデータを実際に出力します。

2015-04-11 23.52.16_m

 

サポート材のおかげで、かなりフィラメント容量を食います…

2015-04-12 00.02.22_m

サポート材をニッパーなどで除去!

2015-04-24 10.23.25

できました!!
うやちゃん兄弟。
このくらいそこそこ大きいものだとヒビ割れてしまったりするので、
パテで補修し、色を塗りたいと思います。

また、ply形式のモデルデータにはカラー情報も含まれているので、
フルカラー対応の3Dプリンターでの出力も行ってみたいと思います!

(いつか)つづく!