最近、WoobyStudioを訪れるお客様は、エレクトロニクス、電子回路といった分野のご相談が多くなってきています。

特に、メーカー様の業務上の開発案件など、ビジネスに関連したご相談が多いのも特徴的です。

もともと、エレクトロニクスやソフトウエアが得意のWoobyStudioとしては、大歓迎なのです。

ある、メーカの技術者や製造部の方は、毎週、WoobyStudioを訪れ、新製品開発を進めていたりします。

IMG_1103

また、一般の方でも、「在宅ビジネス」というのでしょうか、大好きなものづくりでお小遣い稼ぎを、という方も多くいらっしゃいます。

アマチュアからプロフェッショナルまで、広い範囲のお客様をお迎えすることができるのも、WoobyStudioならではのことです。

731aef437b1e62b0e126c98096bf06726179ca6c

いま、日本各地に、「・・・ファブ」、「・・・工房」といった施設ができてきています。多くの施設では、レーザーカッターや3Dプリンタといった、いわゆる、ディジタル加工機を使用しての、「造形」が中心となっているようです。

WoobyStudioのような、小さな、ちいさな工房は、大きな資本を投入した、このような施設に設備面では太刀打ちできません。

WoobyStudioが得意とするのは、エレクトロニクスを中心とした、きめ細やかな、技術相談にあります。面倒なアナログ回路設計などは、得意中の得意と言えます。

そして、ビジネスへつなげていくために、美しい外観のケースや装飾などは、スタジオのグラフィックデザイナーやアーティストたちの腕のみせどころなのです。

20150619_191049a

最先端の電子回路(製品)と、競争力の高い外観、それがWoobyStudioの提供できる技術です。

お気軽にご相談ください。企業様のご相談、大歓迎です!

 

9.天秤に何を載せるのか?(2)

「ものづくりで独立・起業」というテーマで、ごちゃごちゃと書いてきました。すべて、私自身が、30年あまり勤務した会社を辞め、独立・起業した経験に基づいた事実を書いてきたつもりです。

 

私が、前職を辞め、独立を決意した大きな動機は、

①企業の潤沢な設備や環境の中で仕事してきた技術者(エンジニア)の独立は可能なのか?

②「士農工商エンジニア」と言われる社会の中で、技術者がその価値を確立することは可能なのか?

③自分は、いったい、いくら稼げるのか?会社からもらっている給料は、低すぎるのか?高すぎるのか?

④大企業を中心とした、社会構造は、このまま続くのか?

⑤「会社を経営する」とは、いったい、どういうことなのか?

gijutusha

そんな疑問に、自分なりの答えを出したかったのです。

まだまだ、道半ば、前途多難な日々なのですが、一定の答えが見つかったものもあります。

 

短いブログの中では、消化不良の部分も多くあったと思っています。

独立してから、ブログにか書けなかった多くの経験を積みました。

前職時代よりも、技術的にもはるかにパワーアップしたと感じています。新しい分野の勉強も、日々、続けています。

P1120271

まったく経験のなかった、電子計測器もたくさん作りました。いままで、知らなかった電子回路もたくさん設計し、作りました。前職ではやったことのなかった、機械設計も自信が付きました。

DSC02328

プリント基板設計は、月に2~3種類はなんていうことはありません。4層~6層の超複雑基板には闘志がわいてきます(笑)。

M5300(4)

同じような思いを持った、仲間たちがたくさんいることも知りました。

眠れない夜が続くことも、多々あります。

サラリーマン時代では決して経験できなかったことや、まったくの異業種の人たちとたくさん知り合えました。

同年代のサラリーマンたちは、おそらく、目前に迫った定年退職や、定年後の生活設計に、不安を抱きながら想いをはせていることしょう。

超零細企業のオヤジは、ただただ、前に進むだけです。海の中のマグロ状態です。泳ぎ続けるだけです。

天秤に、何乗せるか、考え続けています。

日曜日は、自分の時間にしています。新しい技術を勉強したり、実験したり、妄想にふけったり・・・。

この時間を持てる、ということが、いまのところ大きな成果なのです。日曜日が楽しみです。「休める」のではなく、思いっきり(好きな)仕事ができる、からです。

 

子供のころ、妄想してました。

「マンガに出てくる、○○博士みたいに、自分が好きなことができる、研究室みたいなものがあったらな・・・」と。

IMG_3292

独立とか起業とか、そんなことをちらっと、考えたことのある、現職技術系サラリーマンの方々、ぜひ、WoobyStudioに遊びに来てください。女性ばかりのスタッフたちが、優しく迎えてくれますよ!

私とお話ししてみませんか?きっと、面白い話が聞けますよ!

 

<<参考>>

第397話 ものづくりで独立・起業(1)

第403話 ものづくりで独立・起業(2)

第408話 ものづくりで独立・起業(3)

第412話 ものづくりで独立・起業(4)

第418話 ものづくりで独立・起業(5)

第424話 ものづくりで独立・起業(6)

第428話 ものづくりで独立・起業(7)

第433話 ものづくりで独立・起業(8)

第442話 ものづくりで独立・起業(9)

 

–終わり–