こんにちは、ayakaです。

先日「リケジョ真理子の研究室」が開室しました!

mariko

 

私にはリケジョ要素がなく、プログラミングや電子工作のことはまだよくわからない初心者であります。

「ラズベリーパイ」の存在もWoobyStudioに来て初めて知りましたし、これがカードサイズのPCだと聞いて驚きました。

IMG_2852Rabyy Creatorの中のラズベリーパイ(右)

 

ラズベリーパイと初めて聞いたときはやはり、

DSC_0075

こういうものを思い浮かべました(ちなみに画像のこの形態ではパイではなくタルトと呼ぶらしいですね…)

 

しかしなぜこんな食欲をそそる名称なんだろう?と不思議だったので、その由来を調べてみました。

・ラズベリー…Apple、apricot、Tangerineなど、コンピューター製品や会社に果物の名前をつける流れがあったから

・パイ…python(パイソン)というプログラミング言語から

なるほどと思いましたが、ではなぜ果物ネーミングの流れができたのかとか、pythonと他のプログラミング言語との違いはなんだろうとか、ちょっと調べただけでも次の疑問が湧いてくるので、また少しずつ調べていこうと思います。一気に知ろうとすると慣れない用語に頭が霞んでくるので、少しずつ…

 

アートの分野においても、光や音、機械などをプログラムで制御するような作品はたくさんあり、そういったものは大まかに言うと「メディアアート」という言葉でくくられています。

私はプログラミングに疎いですが、「自分の作品を動くようにしたいな」とか「ここをこういうタイミングで光らせられたらな」とメディアアートの領域に憧れを抱くことも多々あります。

WoobyStudioと出会えた今年こそ、一歩踏み出すときでは…!?という気がしています!ので、これからmarikoさんの研究室に通いたいと思います!

 

それではおわりにラズベリーパイの公式ロゴを…

raspberry_pi_logo_rgb_552x650-212x250

葉っぱが効いていますね!