IMG_1228

電子回路の設計をやっていて、オームの法則以外はほとんど使ったことがない、と書いたことがあります。なんて、レベルの低い技術者なんだ、と言われるかもしれませんが、事実そうなんです。オームの法則、電流=電圧/抵抗、という、あれです。たしか、中学校で習うのではないでしょうか。つまり、とりあえず、オームの法則を知っていて、加減乗除ができれば、この道でなんとか飯が食える、という証しでもあります。って偉そうにいうことでもないですが。

 

ただーし、電流=電圧/抵抗、の、電圧や、抵抗、電流があるときは時間の関数であったり、あるときは周波数の関数であったり、またある時は、それらが複素数で表現されていたりするわけですが。それらを、インピーダンスと呼んだり、リアクタンスと呼んだりする場合もあります。が、最終的には、電流=電圧/抵抗、なのです。基本はそんなもんなんです。

 

電子回路技術者は、そうでない方からすると、数学もすごく得意なんだろうと思われることがありますが、技術者にとっての数学は、純粋に、「道具」なんです。周波数領域と、時間領域をいったりきたりするときに、ラプラス変換だとか、フーリエ変換だとか出てきますが、これらも、専門の本を読んでもよくわかりません。私の場合ですが。単純に、その原理(意味)と使い方が分かれば、問題は解決していきます。

 

たしかに、オームの法則だけ知ってれば、というのはオーバーな言い方ですが、大事なのが、そのときそのときで、必要な道具を見つけ出し(思いだし)、それを実用的に使えるかどうかだと思っています。微分とか、積分とかも同様です。学生時代、いやというほどこれらを勉強させられた記憶がありますは、正直なところ、「なんなんだ??」という思いでした。統計学とか、行列、行列式、三角関数なんかも、なんとなく計算の仕方は分かっていましたが、いつも、「なんなんだ?」という気持ちでした。

 

学校では、これらの、使い方、を教えてくれないんですね。技術者になって、いろいろなトラブルを経験して、そのとき初めて、こういった「道具」の使い方が分かったりしました。学校で教えてくれる先生たち自身も、使うことは無いでしょうから、仕方ないのでしょう。高校生のころ、いつも、数学が学年トップだった、あの、〇〇子ちゃんは、その後、微分や積分って、使ったかしら?

 

 

なんて、妄想