marikoです。

リニューアルしたスタジオで早速エレキ工作を行いました。

今回使用するのは、PSoC5LP(ぴーそっく・ふぁいぶ・えるぴー)のプロトタイピングキット。PSoCというのはマイコン(正確にはマイコンではないらしいですが割愛)の1種で、アナログ回路のコンポーネントが入っていること、ペリフェラルをプログラマブルに変更できることなどが特徴です。

P_20160403_113320

回路もソフトも分かった上で真価を発揮するので、これを使いこなせれば素晴らしいですね!(あ、うん、がんばります…これから。)

ということで、私1人ではどうにもならないので、スタジオ会員K様に色々教えていただくことにしました。

さて、このキット、真ん中で切り離すことができ、左がプログラマ(デバッガ)、右がターゲットボードになっています。左側を使って、右側のPSoCにプログラムを書き込むのですが、よくよく見ると左側についているICもPSoCです。

P_20160403_113320

少しトリッキーですが、小さいもの好きとしてはこちらを使いたい!ということで、左側のPSoCを使うことにしました。切り離して右側は引き出しの中にしまいます。さようなら。なお、左側のPSoCは「ちびそっく」と呼ぶことにしました。

P_20160403_150005

今回はこの「ちびそっく」でOLEDを表示しようと思います。

PSoCの電源電圧5V、OLEDの電源電圧3.3V。異なるので変換をしないといけません。回路図、レイアウト図をみてパターンカットしてLDOを実装します。

顕微鏡は必須アイテムです。

P_20160401_182317

次にOLED側の改造です。最初のままでは余白が大きいので、基板カッターで切りました。すると配線処理が必要になったので、はんだ付けです。

P_20160401_191424

P_20160401_192329

aa

ピコピコ音が鳴るとかわいいので、圧電ブザーも付けました。

ファームウェアをごにょごにょ書いて、開発ツール(PSoC Creator)の設定を行い、プログラミングです。

Cut2016_0403_1539_11

上手くいかないときは、

えい!どんがらがっしゃん!カンカーン!じゅわわ~。かーみーさーまー。四苦八苦します。

そして完成です!!

IMG_35500

ちょうどMitsuyoさんの誕生日だったので、HAPPY BIRTHDAY!というメッセージを表示するようにしました。なお、右下のスイッチを押すと、名前の部分が変わり、使い回し(!?)も可能です。

IMG_3553

今回は、K様がお膳立てをしてくれたおかげで、すんなり進めることができました。自分で最初からやるとなると、知識も技術も技能も、補って補って、相当大変だろうと思います。

何を作るかにもよりますが、ものづくりは、簡単じゃないですし、すぐにも出来ないです。でも、楽しいですね。

 

エレキ工作やりたい方も、ぜひスタジオにお越しください。

 

ちびそっく、開発環境と表示部は出来たので、また進展がありましたらご報告します。

mariko