何を、突然、と言われるかもしれませんが、技術者である私は、実はファイナンシャルプランナーだったりします。技術者として、20数年過ぎたころ、自分に足りないものは?と考えたときに、実は、金融とは、社会保険とか、税金とか、まったく知識が無いことに気が付きました。奮起して、猛勉強・・・のくだりはまた別の機会にして、最近、株式の運用や外国為替などの運用が自宅からインターネット経由でできるようになったこともあり、個人の積極的な資産運用が行われています。

特に、このところの株式市場の動きや、為替変動で大分儲けた方も多いのではないでしょうか?わたしも、一時、積極的に運用していたことがありました。もともと大した元本もないので、額としては高が知れていますが、毎日、はらはら、ドキドキで、それはそれで楽しかったです。最近は、残念ながら、積極的な運用する時間もなく、塩漬けになっている株式もあったりします。最近の日経平均や為替の動きを見ていると、「おお!」という局面も頻繁にあり、「いっちょやるか!」という気にもなるのですが、そんな時に限って、お客様からの催促電話が・・・。納期が・・・。

何事もそうですが、ある程度の心の余裕がないといけません。焦って、株の売買をやって、大損した経験もあります。FX(外国為替証拠金取引)で、かなりの額を設けて、調子にのって、次の手を打ったら、儲けた額の倍の大損とか。大抵の場合、初めての運用は、プラスになることが多いようです。なぜかというと、初心者ゆえに、銘柄や売買時期の選定に極めて慎重になっており、清く正しい運用をするからだと思います。それが、慣れてきてしまうと、だんだん大ざっぱになり、気が付いたときは丸裸・・と。

しかし、株式市場他、金融商品に興味を持つことは良いことだと思います。毎日のニュースで必ず、日経平均株価や円/ドルレートが報道されます。こういう動きが何によって引き起こされているのかを、直近のニュースで感じ取ったり、それによって、世界はどう反応しているかを感じとることができれば、いままで何気なく見ていたニュースも、大変面白いものになってきます。

また、技術者が普段置かれている、「物の世界」からすると、株式、投資信託、為替、不動産、先物、国債、などの金融商品取引はすべて、「信用」というものに基づいていることも、大きな驚きとともに発見します。「信用」で、多額のお金が動いているのです。

金融商品や資産運用については、また、別のHPを準備中です。

乞うご期待!(か?)