中学1年生になったとき、アマチュア無線の資格を取得しました。当時の資格で言うと「電話級アマチュア無線技士」。中学生のくせに、「・・・技士」なんて、ちょっとうれしかった記憶があります。アマチュア無線はご存じのとおり、個人的な趣味のために、無線によって世界中の仲間と交信することができます。携帯電話が普及した今でも、根強いファンがいます。

 

アマチュア無線技士というのは無線従事者という国家資格なんですが、実際にはそれだけでは交信することはできません。無線機が必要なわけです。無線送信機と受信機、そしてアンテナが最低限必要です。これらの機器(リグ、って言います)をそろえて、「アマチュア無線局」を開局します。

 

中学生の私にそんな機器が買えるはずもありません。当然、すべて自作となります。しかも、新品の部品も買えませんから、当時、捨ててあったテレビ、ラジオの部品を拾い集め、すべて中古部品で作っていました。もちろん、真空管の時代です。いまのように、アルミのシャーシなんかも簡単には手に入らなかった(なんせ、山梨でしたし・・・)ので、箱はすべて木製、でした。ベニヤ板のケースに、裸電線を張り巡らし(アース母線)空中配線で送信機や受信機を作っていました。アンテナは父親が、どこからか竹竿を2本もらってきてくれて、全長20mのダンポールアンテナを立てました。

 

こんなものでも、めでたく、郵政省から開局許可がでて、コールサインをいただきました。空中戦電力10ワット、のアマチュア無線局でした。開局したのは、7MHz帯の電話通信(電波形式、A3、っていいます)で、毎日毎日、遠くのお兄さんたちと交信して楽しんでいました。わたしの中学生時代は、ほとんどアマチュア無線の毎日でした。その後、電信級を取得し、今度はモールス符号で(電波形式、A1)で海外の無線家たちと交信できるようになりました。もちろん、電鍵(キー)も手作りでした。

 

わたしのエンジニア人生はこのときから始まったようです。ものづくりもこの、中学生の無線機作りが原点だったように思います。大人になって、好きなことでを仕事にして、ささやかな人生を送って、こんな駄文を書いていられるのも、この、中学生のころのアマチュア無線が原点だったような気がします。両親に感謝、かな。

 

電波法による、アマチュア無線の定義:

「金銭上の利益のためでなく、専ら(もっぱら)個人的な無線技術の興味によって・・・」

・・いまでも覚えています。