はじめに

「電子回路」なんていうと、なにやら、大変難しそうな感じがします。専門の学校で勉強してきた人じゃないと難しいんじゃないかとおもうでしょうが、 なあに、ごちゃごちゃやってれば何とかなるもんです。わたしの電子回路遍歴(というほどのものじゃありませんが・・・)は、小学校低学年のころから始まり ました。当時は、真空管式のラジオやテレビが、ごみ収集場なんかに無造作に捨ててあったりました。そういう「ガラクタ」を拾ってきて、自宅に持ち帰り、ご ちゃごちゃやってました。初めての工作、というか、実験は、テレビの高圧部に入ってる、高圧整流管(2極管=ダイオードですね)の整流作用を確かめるため に、乾電池でヒーターを点灯し、コンセントの100Vの電源を直接繋いで・・・・ボン!、という音とともに、ブレーカー落ちました。その結果、母親にどの くらい怒られたかは忘れてしまいましたが、それが私の電子工作の始まりでした。

 

Diode

 

その後、高学年になり、ベニヤ板のシャーシでラジオを作ったり、中学生になるとアマチュア無線に夢中になって、リグ(=送信機や受信機等のことです)を自作し、毎日、無線通信に明け暮れていました。半世紀を過ぎた今でも、その延長で仕事をし、モノづくりをしています。

前置きが長くなりましたが、そんなわたしの電気人生(ってなんだ??)の中で学んできたことを皆さんと共有し、楽しく勉強していきたいと考えていま す。入門編では、電気、だとか、電圧だとか、電流とか、抵抗、電力、そういったものをできるだけ具体的にお話していきたいと思います。おおよそ、中学生~ 高校生の理科や物理で学ぶレベルかな。

最終的には、技術系企業で通用する、技術者レベルまで・・・は無理かもしれませんが、皆様のご要望があれば、いくらでも頑張ります。

ま、気長に、ぼちぼちやっていきましょう! ご期待ください!