ご無沙汰しております。産前休暇に入りましたyukoです。

今まではスタジオの紹介ということで、レーザーで何か作ってみたり、
工具を使ってみたり、ということでやって参りましたが、
いよいよ正期産に入りましたので、スタジオに通わずとも書けるネタ・・・。

というわけで、
今週から週一ペースで出産ネタをお送りすることになりました。
私自身、今回は三度目の出産ですので、いろいろな体験談をふまえつつ、
お届けいたします。ぜひお付き合いくださいませ^^

まず手始めに、「妊娠判明から出産まで~vol.1」というテーマで
お送りします!

「妊娠判明」
ドキドキの妊婦生活スタートです。
人それぞれ色んなエピソードがあるでしょうが、「もしかして…」と思ったら、
薬局でこんなものを買って調べます。
P1010526
その後、産婦人科に行って正式に調べます。
妊娠初期は胎児が薬の影響などを受けやすい時期、ですので、
幸せいっぱいの妊婦生活のスタートのはずなのですが、
熱っぽくてだるくて眠いし、何を口にしても、どこにいても、どことなく不安に思う
時期なのではないでしょうか。

ちなみに私も第一子の妊娠判明の際は、何がOKで何がNGなの?というのが
ものすごく不安でした。
ITの会社にいたので、それまでは通勤電車で
「Oracleデータベース」「Strutsフレームワーク」とかを読んでいましたが、
次の日から「たまごクラブ」の本に替えたものでした(笑)
P1010527

「妊娠初期」

妊娠判明から妊娠4ヶ月くらいまでをこう呼びます。
赤ちゃんとお母さんの栄養をつなぐ、「胎盤」が完成するまで、
体調の悪い時期が続きます。つわりは重い人も軽い人もいるのですが、
赤ちゃんの器官形成に大切な時期なので、無理は禁物です。
まだおなかは全然目立たないので、周りの人には言わないとわからないです。

流産の可能性もある時期ではあるので、なかなか言い出しにくいところもあるでしょうが、
会社勤めのお母さんの場合、無理できない時期ですので、
早めに報告したほうが良いと思います。

 

第一子の際は、深夜の勤務や人の配置替えも多い時期でしたので、
なかなか言い出すのに勇気が必要でしたが、
初期に胎児の心拍が確認できた時点で報告しました。
当時の上司や同僚から定時頃に帰るよう配慮してもらい、大変ありがたかったです。

長くなってきたので、今日はここら辺で。

次回は「妊娠中期から出産まで~」をお送りする予定です!

どうぞよろしくおねがいします