今週WoobyStudioでは、プログラミング初心者スタッフ対象の社内講義が二回(ぐっち社長先生、mariko先生)開催されました。

プログラミング超初心者の私も、何かを光らせたり動かしたりできるように、

これからプログラミングについて学んでいきます。

 

ぐっち社長先生からは、初回講義ということで、基礎の基礎から

(導入…二進法…メモリーとは…ビット、バイトとは…プログラムとは~…などなど)

聞いたことはあるけれど、意味はよく理解していなかった言葉がたくさんで、興味深く聴講しました。

 

mariko先生には、度々開催しているプログラミング教室と同じ内容を実演していただきました。

子供向けのプログラミング言語「Scratch」を使いながら、

プログラムのことを視覚・聴覚的に面白く、わかりやすく学習できました。

 

Scratchはブラウザ上でも遊べるということで、

自宅で復習と遊びを兼ねて1ゲーム制作…

asa2

ランダムに動く魔法使い二人を避けながら、ドラゴンを操作してタコスを食べるゲーム(魔法使いに当たると終了)

 

タコスに3回さわると、朝食タイムから昼食タイムへ(背景と魔法使いが変化)

hiru

 

タコスに12回さわると、夕食タイムへ(背景と魔法使いが変化(幽霊化・増加))

yoru

ここまで作ってひとまず保存、つづきはまた今度…。

 

asa

「もし◯◯なら(△△する)」といった指示ブロックが種類ごとに色分けされていて使いやすく、

またイラストもいろいろ用意されていて、どれを使うか選べて楽しいです。

 

これからプログラミング学習も、がんばります^^