***今日の第二種***その2

こんにちは、電気初心者ayakaです。

先日、第二種電気工事士の技能試験用の工具を購入しました!

0半分はどうやって使うんだろうという印象です!

参考書を見ながら、まずは電線を切ったり曲げたりの基本的な加工から始めてみます。

1右が電工ナイフ(電線の被覆はぎとり用)(名前がかっこいい)、

左がペンチ、左奥がVVFケーブル1.6-2Cという電線です。

3VVFケーブル1.6-2Cは電気工事でよく使う電線らしいですね。我が家の見えないところにも、これがたくさん張り巡らされているのでしょうか。お世話になっております。灰色の外装被覆の中に、さらに白と黒の絶縁被覆が2本入っており、その中に芯線があります。

名前に付いてる1.6「芯線の太さが1.6mm」2C「芯線が2本」の意味なんですね。

被覆に電工ナイフ入刀

3.5刃が簡単に被覆に入り、力も必要なく、思ったより剥ぎやすかったです!

中の白黒線の方も、刃を当てながら電線をクルクルして切れ込みを一周入れて剥いでいきます。

それからしばらく被覆剥きの練習を繰り返しました。

4ただこの電工ナイフでやった被覆の剥ぎ取りは、一緒に買ったケーブルストリッパでもっと早くできるらしく、実際やってみたところ、

313233

たやすい!

こちらが便利すぎて電工ナイフの存在意義を疑いましたが、ケーブルストリッパでは切れない線もあるということで、電工ナイフはやはり必要なようです。せっかく買ったので、それを知ってちょっと安心…。どちらでも手早く剥けるように練習を続けます!

以上、初めての電線加工でした

ビリビリ~*~*~{{{~^ω^~}}}~*~*~ビリビリ