GWも終わりました。とは言っても、WoobyStudioは連日、スタッフたちの熱気に包まれていました。

IMG_0904

小物グッズの製造、開発にいそしむスタッフ、ファブスペース三鷹のドキュメント製作に取り組むスタッフ、そして、納期が迫る、エンジニアリング業務の開発作業に深夜まで取り組むスタッフ。

IMG_3595

電子回路系の開発や実験にはトラブルはつきもの。

「思った通り、動作しない!」

よくあることです。というか、それが普通でしょう。そこがエンジニアの飯の食いどころでもあります。

思ったように、結果が出ない理由は3つあります。

  1. もともとのアイデア、回路設計が間違っている。
  2. アイデアや設計は正しいが、その通りに作られていない。
  3. 観測しているものが間違っている(正しく観測できていない)。

1.については設計者はよく考えているのですが、意外と多いのが2.と3.です。

2.は、理想デバイスを想定した設計であったり、配線のインダクタンス、キャパシタンスその他が扱う周波数領域で意味を持ってくることから発生することが多いです。たとえば、低周期のパルス信号であっても、立ち上がり、立下り時には広帯域の伝送経路が必要とされます。ちょっとした配線の経路や、グランドの引き回しで性能に大きな差が出てきます。

そして、3.は、デバッグにマルチメータやオシロスコープを使用することが多いと思いますが、実は間違ったものを観測しているということがよくあります。オシロスコープのプローブを回路に接触させるということ自体が、回路の状態を変えてしまいます。「いかに、正しい状態を観測できるか」が腕の見せ所なのです。

 

前置きが長くなりました。

3.「投資」ができるか?(2)

続き、です。

要するに、適切な投資を継続して、それから投資以上の収益を得るのがビジネスの基本なわけです。まったく、投資を行わずに、「おいしいところだけ」得たいのは誰でも同じですが、「誰でも考えるところ」に、成功はありません。やはり、仕事の基本は、「額に汗して」なのです。

そして、新たに起業するとき、目指す、「規模」の想定も必須です。

「家族5人、食べていける程度の仕事を」、という場合もあれば、「ゆくゆくは上場をめざし、百億単位のビジネスに」ということもあるでしょう。

この、目指す「規模」が投資の規模にもつながってくるわけです。

100万円の投資で、「100億円企業を!」っていうのは理想ですが、現実的ではありません。成就したとしても、長い長い時間と最大限の「ラッキー!」が必要でしょう。しかし、100万円の投資でも、「家族5人・・・」は不可能ではないと思います。

「プロフェショナル天秤」の左右に乗せる、金額や、ビジネスはそんなことを考えながら決めていきます。

「1,000万円あったら、なにに投資しますか?投資できますか?」

 

4.誰に相談する?(1)

サラリーマンから独立・起業を目指すということは、大きな勇気が必要となってきます。いろいろな人の意見を聞きたくなります。相談したくなります。

しかし・・・、ここで問題にぶち当たります。

「ものづくりで独立・起業」というテーマで、現実的な相談に乗ってくれる人はほとんどいないのが実情です。「一般的な独立・起業」をする場合、行政、金融機関他、多くの機関で無料相談してくれます。お花屋さんを開業する、とか、ラーメンやさん、お蕎麦屋さんを開業する、といった場合は、こういった、無料相談を利用するのがよいでしょう。たいてい、(委託された)中小企業診断士さんが対応してくれるはずです。

が、実は、相談したいのは、「設備として、オシロスコープは買ったほうがいいの?中古でもいいの?レンタルがお得?キーサイト?テクトロ二クス?・・・」、「工業用ミシンを買いたいと思っているけど、どの機種がいい?」、「アルミ板を安く仕入れるには?」、「作業デスクはどうしたらいい?」、・・・。

といったことが多いのです。がこういった、専門性の高い相談に乗ってくれる人はほとんど見つかりません。無料相談等はあくまでも一般的な手続きや、教科書に載っている、事業計画書、経理、補助金、行政手続き等がほとんどです。

まずは、相談できる人を見つけましょう。いちばんよいのが「経験者」です。同じように、サラリーマンから「ものづくりで独立・起業」した人が一番良い相談者でしょう。その人が、今後、仕事の流れをサポートしてくれる可能性もあります。

 

専門的なことでなくても、会社の同僚や、知り合いに自分の決意を相談したくなります。

自分:「同僚くん、俺・・独立・起業を考えているんだけど・・・」

同僚から返ってくる答えは二通りあります。

ケース1:

同僚:「おお!いいじゃん、応援するよ!がんばれ!」

同僚のココロ・・(ふん。そんなうまくいくわけないよ。あとで後悔するよ。)

 

ケース2:

同僚:「あー、やめとけ、やめとけ。素人がうまくいくわけないだろう?」

同僚のココロ・・(おまえだけおいしい人生つかもうとするんじゃないよ!)

 

前途多難、ですね。笑。

「相談できる人を探す」、ものづくりで独立・起業の第一歩です。

<<参考>>

第397話 ものづくりで独立・起業(1)

第403話 ものづくりで独立・起業(2)

第408話 ものづくりで独立・起業(3)

つづく・・・かな?(笑)